水光注射は効果ない?水光注射の効果を持続させるための方法を紹介!

美肌効果や様々な肌トラブルの治療に効果を期待できる水光注射ですが、ときおり効果が見られない、期待できないという声を見かけることがあります。

水光注射に効果がないと言われてしまう理由は何故なのでしょうか。

ここでは具体的な理由から効果を得るためのポイントについて詳しく解説していきます。

水光注射とは

水光注射ヒアルロン酸を皮膚に広く浅く細かく注入する施術です。これによって肌にハリを出したり、凸凹を改善したりして美肌になる効果を期待できます。

また肌の悩みに合わせて様々な美容成分を配合することでニキビやシワなど幅広い症状に対応することが可能です。

水光注射の効果がないと言われる理由

①1回の施術では効果を実感しにくい

水光注射の効果には個人差があります。特にニキビ治療やシワなどの治療の場合は1回の施術では効果を実感できないケースも多いようです。

事前のカウンセリングなどで施術回数の目安を確認するようにしましょう。

②2カ月程度でヒアルロン酸が体内に吸収される

ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分です。したがってアレルギーなどのリスクは抑えられるのですが、時間経過で体内に吸収されるという特徴があります。

加えて水光注射で用いられるヒアルロン酸は非架橋と呼ばれるもので、鼻整形や豊胸に使われるものと比べてさらさらとしており体内に浸透しやすくなっています。そのため2カ月程度で吸収され効果も切れてしまいます。

③ヒアルロン酸のみの注射では効果が薄い

水光注射の効果を最大に生かすならば、自分の肌や症状に合った成分を配合する必要があります。

ヒアルロン酸だけの注入でも肌のハリを回復する効果は期待できますが、シワやニキビなど肌トラブルの改善は難しいです。

また水光注射の本来の作用に限った場合でも、成長因子やPRPなど肌の再生を促すような成分を配合した場合とは得られる効果の大きさが異なることが考えられます。

④切開を伴うような施術と比べて劇的な効果を期待できない

水光注射はあくまでヒアルロン酸による美肌効果と有効成分を直接皮膚に浸透させることによる効果を期待する施術です。

たとえばニキビ跡や皮膚の凸凹、シワなどを改善する場合は有効成分が浸透し効果が現れるのを待たなければなりません

レーザーや外科的な手術のように直接問題を取り除く施術と比べると効果はマイルドになってしまいます

水光注射は継続的に行うことが必要?

水光注射は効果を持続させるために定期的な施術が推奨されています。

その理由は体内に吸収されやすいヒアルロン酸を用いるためで、特に初回の施術は2,3週間毎に4~5回の施術を繰り返すことが推奨されています。その後は数カ月に1回治療を受けることで効果を保つことができます。

水光注射で効果を得るためのポイント

①水光注射は複数回の施術を前提にしていることを理解する

水光注射は一度行えば効果が長期間継続するような施術ではありません。先ほど述べたように、効果を持続するためには定期的な施術が必要だということを理解しておきましょう。

そうすることで施術を受けてもすぐに効果がなくなって受けた意味が無かったなどの失敗を防ぐことができます。

また費用などを計算する場合にも、1回の施術ではなくトータルの費用を計算するようにしてください。

②自分の目的に合った成分を使う

水光注射に期待する効果をきちんと把握しておきましょう。美肌になりたいのか、ニキビを治療したいのか、シミを治したいのか、目的によっても有効な成分や配合の度合いが変わってきます。

事前のカウンセリングなどで自分が施術に求めることをきちんと伝えるのが重要です。

③経験・技術力の高いクリニックを選ぶ

水光注射は配合量や専用の機器の取り扱い方などで仕上がりに差が生まれます

そのためきちんと効果を実感するためには、費用だけではなく経験豊富で技術力の高いクリニックを選ぶことが重要です。クリニックの施術の実績や実際に施術を受けた人の声、所属する医師の勤続年数などを総合的に比較しながら選ぶようにしましょう。

また、事前のカウンセリングをしっかりと行うことも大切です。クリニックの印象や対応などを直接知ることができます。

水光注射を検討中の方はまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して医師を始めとするスタッフ全員が親身になってカウンセリングを行います。それは「患者様一人ひとりに適した治療」そして「患者様にとって満足度の高い治療」を行うためにもっとも大切な要素の一つと考えております。

美容についてお悩みがありましたら、まずは銀座美容外科クリニックにご相談ください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*