水光注射のダウンタイム・経過|仕事・学校の復帰までの期間や過ごし方は?

水光注射は専用の機器を用いてヒアルロン酸を広く細かに注入することで美肌効果を期待できる施術です。また、様々な美容成分を配合することで様々な症状に対応することもできます。

そんな水光注射ですがダウンタイムの症状や期間が気になって受けようか迷っている人もいるのではないでしょうか。

ここでは水光注射のダウンタイムに焦点を当てて、起こる症状から仕事や学校に復帰するまでの期間、経過や過ごし方のポイントなど詳しく紹介していきます。

水光注射のダウンタイムに起こる症状

①痛み

水光注射は施術後に火照ったような痛みが数日残ることがあります。ただし、強い痛みが出たり、長引いたりすることはほとんどありません

もし痛みがいつまで経っても引かない、あるいは悪化するようであればアレルギーや傷口の化膿など別の要因が考えられるためクリニックに相談しましょう。

②赤み・腫れ・内出血が出る

注射する成分や体質によっても個人差はありますが、施術後に赤みや腫れなどの症状が現れます。基本的にはそれらの症状は1~3日程度で治癒するケースが多いです。

また注射の針が皮膚下の細かい血管に傷を付けてしまうと内出血を引き起こすことがあります。その場合は7~10日程度皮膚の変色が残る可能性があるため注意してください。

③注射の跡が残る

注射の跡から点状に出血したり、注射をするときに肌を吸引するタイプの水光注射では吸引の跡が残ったりすることがあります。

いずれも施術後数時間程度で消える場合がほとんどなので過度の心配は不要です。

仕事・学校の復帰までの期間は3~7日程度

個人差はあるものの水光注射のダウンタイムは3~7日程度と言われています。そのためそれ以降であれば仕事や学校への復帰もしやすいと思われます。

また症状が残っているうちはできるだけ安静に過ごすべきですが、メイクや洗顔は施術当日から可能となっているため、早い段階から赤みや内出血を隠しつつ活動することは可能です。

水光注射の施術後の経過

水光注射の施術後の経過には個人差がありますが、施術直後から数日間は軽度の赤みやほてりのような痛みが残ります。このとき内出血を起こしていた場合はそれらが収まるまで7~10日程度かかります。

治療の翌日以降から皮膚の保湿効果が高まり徐々に施術の効果を感じられるようです。ただし、効果を持続させるためにも、初めのうちは2,3週間毎に1回のペースで4~5回の施術を繰り返し、それ以降は数ヶ月に1回の施術を受け続けることが推奨されています。

水光注射によるダウンタイムの過ごし方におけるポイント

①メイクは注入直後から、洗顔・シャワーは当日から可能

水光注射の施術後、メイク注入直後洗顔やシャワー当日から可能です。ただし、肌に触れる際は優しく扱うことをこころがけてください。

また、入浴翌日から可能ですが、あまり温まりすぎないように半身浴や短時間で済ませるようにしましょう。

②施術直後は肌に過度の刺激を与えないようにする

施術直後の肌は大変デリケートです。擦ったり、ひっかいたり、過度の刺激を与えるような行為は避けてください。

また、マッサージエステなどは皮膚を圧迫する恐れがあるため、少なくとも1週間程度は避け、医師の指示に従うようにしましょう。

ダウンタイムが長引いてしまった場合の対処法

①腫れが長引く場合は抗ヒスタミン剤を処方してもらう

注射後に腫れが見られる場合には、抗ヒスタミン剤を処方してもらうことで改善される場合があります。その際はスキンケアや肌を冷やすアイシングを同時に行うことでさらに効果が高まるでしょう。

また、初回の施術で腫れが強く出た人は2回目以降の施術では事前に抗ヒスタミン剤を服用しておくことで腫れなどの反応を抑えることが可能です。

②目安の期間を超えてダウンタイムが続くときはクリニックで診断してもらう

目安の期間を大きく越えても症状が改善されない場合、アレルギーや皮膚の感染など何らかのトラブルを起こしている可能性があります。

もし症状が長期化したり、違和感が出たりした場合はクリニックで診断を受けるようにしましょう

水光注射によるダウンタイムを短くする方法

①施術当日の飲酒・熱い風呂・サウナは避ける

ダウンタイムを長引かせないためにも施術当日の飲酒、熱い風呂、サウナなど血行を促進するような行為は避けましょう。腫れや内出血などの症状が強く出て、治癒するまでに時間がかかる可能性があります。

②施術後3日間は激しい運動を控える

激しい運動も血行を促進させます。また施術後すぐは身体に負担がかかっている状態です。できるだけ安静に過ごすという意味でも激しい運動や緊急性のない外出などは控えた方が良いでしょう。

③日焼けは最低でも2週間程度は避ける

日焼けや寒さは肌への強い刺激となってしまいます。施術後のデリケートな皮膚を保護するために2週間程度は日焼けは避けてください。

その期間内に外出する場合は紫外線対策や防寒をしっかり行うようにしましょう。

水光注射を検討中の方はまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して医師を始めとするスタッフ全員が親身になってカウンセリングを行います。それは「患者様一人ひとりに適した治療」そして「患者様にとって満足度の高い治療」を行うためにもっとも大切な要素の一つと考えております。

美容についてお悩みがありましたら、まずは銀座美容外科クリニックにご相談ください。

水光注射は韓国で受けるべき?メリット・デメリットや費用を紹介!

韓国は美容大国と呼ばれ、施術を受けるために訪れる人も少なくありません。しかし、同時に日本の美容整形も進歩しておりどちらで施術を受けたらいいのか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

ここでは韓国で受ける水光注射について、具体的にメリットやデメリット、費用などを挙げながら紹介し、施術を受ける際の参考にしていただきたいと思います。

水光注射とは

潤いのある美肌を韓国では「水光皮膚」「水光肌」と呼びます。水光注射はそんな「水光皮膚」になるための美容注射です。

具体的な施術としてはヒアルロン酸を広く浅く肌に注入し肌のつややハリを回復させます。専用の機器を用いて注入することで、手打ちの注射よりも注入量を細かく制御してムラを抑えることができます。

また用いられるヒアルロン酸は非架橋と呼ばれるもので、さらさらとしており体内に吸収されやすいという特徴を持っています。これに肌の症状に合わせてビタミンやボトックス、成長因子などを配合することで、様々な肌トラブルに対応することが可能です。

ただし、体内に吸収されやすい特性から効果の持続には限りがあり、特に初回の施術は2,3週間毎に4~5回の施術を繰り返すことが推奨されています。その後は数カ月に1回治療を受けることで効果を保つことができます。

水光注射の値段の相場

水光注射の値段相場は韓国が30,000円ほど、日本は50,000円ほどとされています。いずれも配合する美容成分によっては価格が変わっていきます。

施術そのものの費用は韓国の方が安い傾向にありますが、渡航費用や滞在費を含めると日本で施術を受けた方がトータルの価格は安く済む場合も考えられます。

韓国で水光注射を受けるメリット

①費用が安い

韓国で水光注射を受けるメリットでまず挙げられるものが、施術費用が安いという点です。

韓国は美容大国と呼ばれることからも分かるように、美容整形を受ける人が多く沢山の需要が見込めます。またクリニックの数も非常に多いので、クリニック間での価格競争も激しくなりがちです。

そのため施術一つ一つの費用を抑えることができます。

②施術の効果を強く望む人には向いている

韓国の施術は効果が高いと言われています。しかし配合する成分や施術の機械そのものには大きな差はありません。ではなぜ効果が高いと言われるのでしょうか。その答えは韓国のダウンタイムに対する姿勢にあります。

日本は周りの人に整形を知られないようダウンタイムを抑えようとする傾向がありますが、韓国の場合はダウンタイムが強く出たとしてもより効果の高い施術の方が評価される傾向にあります。

したがって術後のリスクに納得したうえで施術の効果をより強く望む人には韓国での施術の方が向いているかもしれません。

韓国で水光注射を受けるデメリット

①アフターケアを受けにくい

韓国で水光注射を受けるデメリットとしてアフターケアを期待しにくいという点が挙げられます。

施術後に何らかのトラブルが起きたり、効果に納得がいかなかったりした場合、もう一度韓国まで足を運ばなくてはなりません

また、上でも述べたように水光注射は効果を持続させるために複数回の施術が必要です。一時的な美肌効果のために施術を受けるのでなければ定期的に韓国へ通わなくてはならなくなります。その際の渡航の費用滞在費もデメリットと言えます。

②ダウンタイムの症状が強い

韓国の施術は効果を重要視するため、ダウンタイムの期間が長く症状が強く出る傾向にあります。

痛みに弱い方や不安がある方は、ダウンタイムに対しても配慮がなされており、施術後に痛み止めなどの処方もしてもらいやすい日本での施術の方が適しているかもしれません。

施術を継続するには韓国での施術は適さない

水光注射は効果を持続させるために継続的な施術が必要です。そのため、続けやすさという意味では日本のクリニックで施術を受けた方がメリットは大きいと思われます。

また万が一、後遺症や副作用が強く出てしまった場合、早急な処置が必要です。その場合韓国まで渡るには時間がかかりすぎてしまい手遅れになるリスクも高まります。

費用だけではなく安全性や利便性、長期的な目線で考えた場合は韓国での施術よりも日本での施術の方が適していると言えるでしょう。

水光注射で失敗しないためには経験・技術力の高いクリニックを選ぶ

水光注射は症状に合わせた成分を配合することで、様々な肌トラブルに対応できる施術ですが、その分、配合の度合いや専用の機器の取り扱いなどで仕上がりに差が生まれることになります。

韓国、日本に関わらず水光注射の施術で失敗のリスクを抑えつつ効果を実感するためには、経験豊富で技術力の高いクリニックを選ぶことが重要です。その上で、もし韓国の美容形成外科に精通しているのでなければ、日本で直接クリニックを探した方がクリニック選びで失敗するリスクは抑えられます。クリニックの施術の実績や実際に施術を受けた人の声、所属する医師の勤続年数などを総合的に比較しながら選ぶようにしましょう。

また、事前のカウンセリングをしっかりと行うことも大切です。とくにヒアルロン酸や配合する成分で過去にアレルギーを起こしたものがあれば医師に伝えるようにしましょう。

水光注射を検討中の方はまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して医師を始めとするスタッフ全員が親身になってカウンセリングを行います。それは「患者様一人ひとりに適した治療」そして「患者様にとって満足度の高い治療」を行うためにもっとも大切な要素の一つと考えております。

美容についてお悩みがありましたら、まずは銀座美容外科クリニックにご相談ください。

水光注射の失敗例を紹介|施術後に生じる副作用・デメリットとは?

水光注射は肌にハリと潤いをもたらす施術です。美肌に憧れて施術を考えている人も多いと思いますが、失敗のリスクはないのでしょうか。

実際に施術を受ける前に、そのリスク副作用をしっかりと調べておくことは施術後のトラブルを防ぐ意味でも重要です

ここでは水光注射の失敗に焦点を当てて、失敗例や後遺症・副作用、対処法や失敗しないためのポイントについて詳しく紹介していきます。

水光注射とは

 

水光注射とはヒアルロン酸にビタミンや成長因子などの成分を配合したものを、専用の機器を用いて肌に細かく注入する施術です。肌にハリや潤いを与え、シワ、くすみ、乾燥肌の改善などに効果が期待できます。

水光注射の失敗例

①傷口が化膿する

水光注射の失敗例としてまず挙げられるのが傷口の化膿です。衛生管理がきちんとなされているクリニックでは稀な事例ですが、衛生状態が悪かったり、注射器が汚染されていたりすると、注入した箇所から細菌が入り込んでしまう危険性があります。

そのため赤みや腫れ熱っぽさなどが続く場合はクリニックに相談しましょう。

②注入部が凸凹になる

水光注射を行った際に、薬液をムラなく注入できなかった場合注入部に凸凹ができてしまう可能性があります。

基本的に水光注射は専用の機器を用いて注入をするため、手打ちの施術に比べればムラや注入しすぎなどの失敗は少ないです。しかし、そもそもの設定が間違っていたり機器の扱いに慣れていなかったりなどの原因で引きおこされる可能性があります。

③効果が実感できない

失敗例として施術をしても、変化が見られない、効果を実感できないということが挙げられます。

その場合の原因は薬剤の注入量が少なかった、あるいは体内に吸収される量が想定より多かったことなどが考えられます。また粗悪な成分を用いている場合も効果が感じられないことがあるため、費用が相場に比べてあまりに安いようなクリニックには注意が必要です。

水光注射の副作用・後遺症

①注入後に針穴から点状に出血することがある

水光注射は専用の機器を用いて5~9本の針を一度に注射します。その針を刺した跡から出血が起こり、点状の赤みが出てしまう可能性があります。

一般的には数時間で目立たなくなるケースがほとんどですが、体質によってはしばらく消えないで残ってしまうこともあるようです。

②注入後に内出血を起こすことがある

注射の針が皮膚の下の細かい血管に触れてしまうと内出血を起こす可能性があります。施術の際は血管に触れないように配慮しますが、それでも避けられない場合も多く、内出血が出ると1~2週間程度、皮膚に変色や赤みが残ってしまいます。

③薬剤にアレルギーを起こすことがある

赤みや痒みなどの症状が施術後になかなか治まらない場合は薬剤に対するアレルギー反応が起きているかもしれません。

水光注射の主成分であるヒアルロン酸自体はもともと体内に存在する成分であり、アレルギーを起こしづらいのですが、配合される成分や薬剤にアレルギーを起こしてしまうケースがあります。

施術後にアレルギーを疑うようななんらかの症状が出た場合はできるだけ早めにクリニックに相談するようにしましょう。

水光注射による失敗や副作用が起きたときの対処法

①経過を観察する

水光注射による内出血や赤みは基本的には時間の経過とともに徐々に目立たなくなっていきます。

また水光注射は施術の効果が持続しにくいというデメリットがありますが、これは成分が体内に吸収されやすいことが原因です。そのため、施術直後に多少のムラが出た場合も時間経過で成分が体内に吸収されて症状が改善する場合もあります。

②施術を受けたクリニックに相談する

アレルギーや化膿などの症状が疑われる場合は、早急にクリニックへ相談するようにしましょう。早い段階で適切な処置を受けることで、症状の悪化や傷跡が残ってしまうリスクを軽減できます。

また、効果を実感できない場合などは状況や状態によっては、追加の施術を受けられることも考えられます。あきらめずに一度クリニックに相談してみてください。

水光注射に失敗しないためのポイント

水光注射は症状に合わせた成分を配合することで、様々な肌トラブルに対応できる施術ですが、その分、配合の度合いや専用の機器の取り扱いなどで仕上がりに差が生まれることになります。

水光注射で失敗のリスクを抑えつつ効果を実感するためには、経験豊富で技術力の高いクリニックを選ぶことが重要です。クリニックの施術の実績や実際に施術を受けた人の声、所属する医師の勤続年数などを総合的に比較しながら選ぶようにしましょう。

また、事前のカウンセリングをしっかりと行うことも大切です。とくにヒアルロン酸や配合する成分で過去にアレルギーを起こしたものがあれば医師に伝えるようにしましょう。

水光注射を検討中の方はまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して医師を始めとするスタッフ全員が親身になってカウンセリングを行います。それは「患者様一人ひとりに適した治療」そして「患者様にとって満足度の高い治療」を行うためにもっとも大切な要素の一つと考えております。

美容についてお悩みがありましたら、まずは銀座美容外科クリニックにご相談ください。

イオン導入で副作用は起こる?起こってしまった場合の対処法も紹介

通常のスキンケアでは肌の内部まで有効成分を浸透させることは難しいですが、イオン導入は肌に弱い電流を流すことで有効成分を浸透させることが可能です。とても優秀な施術ですが、副作用の心配はあるのでしょうか?

そこで今回は、イオン導入の副作用や受ける場合の注意点など詳しく紹介します。

イオン導入とは?

イオン導入とは、医療用専用機器で微弱の電気を流し、薬剤を肌に直接浸透させていく治療法のことです。肌のバリア機能を一時的に弱め、肌の奥に有効成分を届きやすくします。

有効成分を肌に塗るだけでは、ほとんどが肌の内部に浸透せず表面への効果になってしまいます。そこでイオン導入を使用することで、肌の内部まで有効成分が浸透し「しみ」「シワ」の改善に繋げます。

イオン導入で起こりうる副作用

イオン導入後に、副作用が起こる確率はかなり低いと言われています。しかしごく稀に下記のような症状が起こるケースがあります。

成分が肌に合わなかった

イオン導入では、ビタミンCやプラセンタエキスを使用することがほとんどですが、この成分が肌に合わずに赤くなってしまったり痒みなどのかぶれを発生させてしまったりするケースがあります。肌への適合度は個人差があり、同じ成分を使用しても効果が出る人もいれば、肌が敏感でダメージを受けてしまう人もいます。

また、日々のスキンケアでこの成分が入っているものを使用しているから副作用を起こすはずがないと思う場合も、普段は成分が皮膚の表面のみにしか浸透していないので、皮膚内部に浸透して合わないことが判明したというケースも少なくありません。

肌への刺激(ピリピリとした感覚)

イオン導入で肌に微弱な電流を流すことにより、肌に過剰な負担がかかって炎症を起こすリスクがあります。しかし、人体に影響を及ぼす心配もなく、ほとんどの場合は痛みを感じないケースが多いと言われています。

副作用を起こさないためのポイント

期間や回数を守る

期間や回数を守らないとかえって肌に悪影響を及ぼす可能性があります。副作用を起こさず確実に効果を出すためには1~2週間に1度を目安に施術を行いましょう。

事前のカウンセリングを行う

施術前は、納得のいくまでカウンセリングを受けましょう。疑問に思う点や心配に感じる点を解決することによって「体質に成分が合わずに肌荒れを起こしてしまった」などのリスクを避けることができます。

イオン導入を受ける場合の注意点

効果には個人差がある

イオン導入は、肌質や分泌物の量、症状によっても効果が現れる期間が異なります。また、皮膚の内部から肌状態の回復に導くので即効性が無く、本来早い人で1週間程度、平均して4週間程度で肌の調子が整うと言われています。

効果が出ないから焦るのではなく、長期間を設けて改善を図るべき施術と言えるでしょう。

イオン導入を受けられない人がいる

イオン導入の電流は、一般的に皮膚の薄い部分のみに流れると言われています。しかし、胎児にどのような影響を与えるのか実証データがないので妊娠中、妊娠の可能性がある方は避けたほうが良いと言われています。

化膿して出血が起きてしまったニキビや、ケロイドなどの炎症がある方がイオン導入をするとそこに刺激を与えてしまい、悪化させる恐れがあります。しかし、出血が止まってからイオン導入を行うことで炎症を抑制し回復に繋がると言われています。

ペースメーカーをご使用中の方は、イオン導入の電流が影響を与えてしまう可能性があるので避けましょう。

イオン導入を検討中の方はまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して医師を始めとするスタッフ全員が親身になってカウンセリングを行います。それは「患者様一人ひとりに適した治療」そして「患者様にとって満足度の高い治療」を行うためにもっとも大切な要素の一つと考えております。

美容についてお悩みがありましたら、まずは銀座美容外科クリニックにご相談ください。

水光注射の失敗例を紹介|施術後に生じる副作用・デメリットとは?

水光注射は肌にハリと潤いをもたらす施術です。美肌に憧れて施術を考えている人も多いと思いますが、失敗のリスクはないのでしょうか。

実際に施術を受ける前に、そのリスク副作用をしっかりと調べておくことは施術後のトラブルを防ぐ意味でも重要です

ここでは水光注射の失敗に焦点を当てて、失敗例や後遺症・副作用、対処法や失敗しないためのポイントについて詳しく紹介していきます。

水光注射とは

 

水光注射とはヒアルロン酸にビタミンや成長因子などの成分を配合したものを、専用の機器を用いて肌に細かく注入する施術です。肌にハリや潤いを与え、シワ、くすみ、乾燥肌の改善などに効果が期待できます。

水光注射の失敗例

①傷口が化膿する

水光注射の失敗例としてまず挙げられるのが傷口の化膿です。衛生管理がきちんとなされているクリニックでは稀な事例ですが、衛生状態が悪かったり、注射器が汚染されていたりすると、注入した箇所から細菌が入り込んでしまう危険性があります。

そのため赤みや腫れ熱っぽさなどが続く場合はクリニックに相談しましょう。

②注入部が凸凹になる

水光注射を行った際に、薬液をムラなく注入できなかった場合注入部に凸凹ができてしまう可能性があります。

基本的に水光注射は専用の機器を用いて注入をするため、手打ちの施術に比べればムラや注入しすぎなどの失敗は少ないです。しかし、そもそもの設定が間違っていたり機器の扱いに慣れていなかったりなどの原因で引きおこされる可能性があります。

③効果が実感できない

失敗例として施術をしても、変化が見られない、効果を実感できないということが挙げられます。

その場合の原因は薬剤の注入量が少なかった、あるいは体内に吸収される量が想定より多かったことなどが考えられます。また粗悪な成分を用いている場合も効果が感じられないことがあるため、費用が相場に比べてあまりに安いようなクリニックには注意が必要です。

水光注射の副作用・後遺症

①注入後に針穴から点状に出血することがある

水光注射は専用の機器を用いて5~9本の針を一度に注射します。その針を刺した跡から出血が起こり、点状の赤みが出てしまう可能性があります。

一般的には数時間で目立たなくなるケースがほとんどですが、体質によってはしばらく消えないで残ってしまうこともあるようです。

②注入後に内出血を起こすことがある

注射の針が皮膚の下の細かい血管に触れてしまうと内出血を起こす可能性があります。施術の際は血管に触れないように配慮しますが、それでも避けられない場合も多く、内出血が出ると1~2週間程度、皮膚に変色や赤みが残ってしまいます。

③薬剤にアレルギーを起こすことがある

赤みや痒みなどの症状が施術後になかなか治まらない場合は薬剤に対するアレルギー反応が起きているかもしれません。

水光注射の主成分であるヒアルロン酸自体はもともと体内に存在する成分であり、アレルギーを起こしづらいのですが、配合される成分や薬剤にアレルギーを起こしてしまうケースがあります。

施術後にアレルギーを疑うようななんらかの症状が出た場合はできるだけ早めにクリニックに相談するようにしましょう。

水光注射による失敗や副作用が起きたときの対処法

①経過を観察する

水光注射による内出血や赤みは基本的には時間の経過とともに徐々に目立たなくなっていきます。

また水光注射は施術の効果が持続しにくいというデメリットがありますが、これは成分が体内に吸収されやすいことが原因です。そのため、施術直後に多少のムラが出た場合も時間経過で成分が体内に吸収されて症状が改善する場合もあります。

②施術を受けたクリニックに相談する

アレルギーや化膿などの症状が疑われる場合は、早急にクリニックへ相談するようにしましょう。早い段階で適切な処置を受けることで、症状の悪化や傷跡が残ってしまうリスクを軽減できます。

また、効果を実感できない場合などは状況や状態によっては、追加の施術を受けられることも考えられます。あきらめずに一度クリニックに相談してみてください。

水光注射に失敗しないためのポイント

水光注射は症状に合わせた成分を配合することで、様々な肌トラブルに対応できる施術ですが、その分、配合の度合いや専用の機器の取り扱いなどで仕上がりに差が生まれることになります。

水光注射で失敗のリスクを抑えつつ効果を実感するためには、経験豊富で技術力の高いクリニックを選ぶことが重要です。クリニックの施術の実績や実際に施術を受けた人の声、所属する医師の勤続年数などを総合的に比較しながら選ぶようにしましょう。

また、事前のカウンセリングをしっかりと行うことも大切です。とくにヒアルロン酸や配合する成分で過去にアレルギーを起こしたものがあれば医師に伝えるようにしましょう。

水光注射を検討中の方はまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して医師を始めとするスタッフ全員が親身になってカウンセリングを行います。それは「患者様一人ひとりに適した治療」そして「患者様にとって満足度の高い治療」を行うためにもっとも大切な要素の一つと考えております。

美容についてお悩みがありましたら、まずは銀座美容外科クリニックにご相談ください。

イオン導入を受ける頻度はどのくらい?受けすぎた場合に起こるリスク

イオン導入は、微弱の電流を流し有効成分を肌の奥まで浸透させることによりシミやニキビ跡を治す効果があります。しかし頻度を守って施術を行わないと肌に思わぬリスクを及ぼすことになります。

今回は、そんなイオン導入の頻度について詳しく紹介します。

イオン導入とは

イオン導入とは、専用機器で微弱の電気を肌に流し、ビタミンCやプラセンタエキスなどの有効成分を直接浸透させていく治療法です。肌のバリア機能を電流で一時的に弱め、肌の奥深くに有効成分を届きやすくさせていきます。

日々のスキンケアのように成分を肌に塗るだけでは、ほとんどが肌の内部まで浸透せず表面のみへの効果になってしまいます。そこで、このイオン導入を使用することで、肌の内部までビタミンCやプラセンタエキスが浸透し「しみ」「ニキビ跡」の改善に繋げるのです。

イオン導入を行う頻度はどのくらい?

イオン導入は、皮膚の内部に失われている成分を補うことができます。しかし施術を行う頻度を誤ると思わぬ肌荒れに繋がり逆効果となってしまうことも考えられます。確実に効果を出すためには1~2週間に1度の施術を5~6回以上行うことが効果的と言われています。

イオン導入をやりすぎた場合に起こるリスク

期間を空けずに施術を行ったり、何度も繰り返し肌に成分を浸透させたりすることで、肌が美容成分に慣れ、効果が半減してしまう場合もあります。また、微弱の電流を流すことによって肌に負担がかかるので、何度も行うことにより、肌が赤くなったりかぶれたりする恐れもあると言われています。

ケミカルピーリングと同じ日に受けることはできる?

イオン導入はケミカルピーリングと同じ日に受けることが可能です。

ケミカルピーリングは古くなった角質を除去する作用があり、イオン導入は有効成分を皮膚の内部まで浸透させる作用があります。ケミカルピーリング後にイオン導入を行うことによって有効成分の浸透力が高まるので、同日に施術を行うことで、高い効果を発揮すると言われています。

イオン導入を検討中の方はまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して医師を始めとするスタッフ全員が親身になってカウンセリングを行います。それは「患者様一人ひとりに適した治療」そして「患者様にとって満足度の高い治療」を行うためにもっとも大切な要素の一つと考えております。

美容についてお悩みがありましたら、まずは銀座美容外科クリニックにご相談ください。