イオン導入のデメリットとは?期待できる効果や失敗例も徹底解説

ニキビ跡やシミ、乾燥の対策はしているものの、一向に治る気配が見られない方もいらっしゃると思います。こうした肌症状は一度起こってしまうとなかなか治らずに悩みの種になる方も多いです。しかし、ニキビ跡やシミが治らない原因は、そもそも皮膚の内部に有効成分が届いていないためかもしれません。

そこで今回は、そんなニキビ跡やシミの治療に効果的なイオン導入について詳しく紹介します。

イオン導入とは?

 

イオン導入とは、医療用専用機器で微弱の電気を流し、薬剤を肌に直接浸透させていく治療法のことです。肌のバリア機能を一時的に弱め、肌の奥に有効成分を届きやすくします。

有効成分を肌に塗るだけでは、ほとんどの場合、内部まで浸透せず表面への効果のみになってしまいます。しかしイオン導入を使用することで、肌の内部まで有効成分が浸透し「しみ」「ニキビ跡」の改善に繋がるほか、様々なアンチエイジング効果に繋げます。

イオン導入のメリット・効果

浸透性がある

通常、化粧水を肌につけると成分が自然に浸透するのを待ちますが、肌の角質層より深い場所では物質の侵入がバリアされているので、肌の奥まで浸透することは難しいと考えられています。よって、肌につけた有効成分よりも、浸透する有効成分は非常に少なくなると言われています。

しかしイオン導入で電流の力を借りることにより、短時間で吸収ができ多くの成分を一度に浸透させることができます。

保湿効果

イオン導入で使用する「プラセンタ」や「アミノ酸」は、保湿に優れた成分が含まれています。それにより肌の保湿効果が期待でき、肌の乾燥トラブルを防いだり改善したりする効果があります。

成分を部分的に浸透させることができる

顔に外傷がある場合や皮膚が弱い部分を避けて、気になる部分のみケアすることができます。

イオン導入のデメリット

 

肌のピリピリ感

肌の浅い部分に微弱の電気を流すので肌にピリピリとした感覚が残る場合があります。感じ方には個人差がありますが、体に影響を及ぼす程の電流ではありません。

成分が肌に合わない場合がある

イオン導入で使用する成分は、主にビタミンCやアミノ酸などの主成分ですが、この成分が自身の肌に合わない場合があります。合わないものを使用してしまうと、肌が敏感に反応してしまい、赤みが出たりニキビ跡が余計に目立ってしまったりする可能性があります。

しかし、実際に使用する成分と肌状態をクリニックで確認してもらい、自身に合った成分で施術を行えばこのような状況が起こる可能性は低いとされています。

イオン導入を受ける場合の注意点

イオン導入は、 1~2週間に1度の施術を目安に行いましょう。「肌に良いから」「早く効果を出したいから」という理由で、期間を空けずに何度も施術を繰り返してしまうと、肌が美容成分に慣れてしまい、効果が出にくくなるケースがあります。

こうしたケースを避けるために、期間や回数を守って施術を行いましょう。

イオン導入で失敗を起こさないために事前にカウンセリングしましょう

患者様のお悩みに対して医師を始めとするスタッフ全員が親身になってカウンセリングを行います。それは「患者様一人ひとりに適した治療」そして「患者様にとって満足度の高い治療」を行うためにもっとも大切な要素の一つと考えております。

美容についてお悩みがありましたら、まずは銀座美容外科クリニックにご相談ください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*