水光注射でPRPを注入したときの効果は?費用やリスクに関する注意点を紹介

水光注射は潤いのある美肌になるための施術です。また自分の目的に合わせて注入する成分をカスタマイズできる点も大きな魅力だと言われています。

その中でもシワや傷跡の改善に効果を期待できる成分がPRPです。しかし、PRPがどういったものでどのように作用するのかよくわからない人もいるのではないでしょうか

ここでは水光注射のPRP注入について、PRPとは何か、その効果、注入時の注意点について詳しく紹介していきます。

水光注射とは

水光注射は非架橋型と呼ばれる粘度の低いヒアルロン酸を肌に広く浅く注入する施術です。

それによって肌のハリやツヤを回復するだけではなく、様々な美容成分を配合することで幅広い肌の悩みに対応できます。

施術には専用の機器を用いる場合と医師が直接注入する手打ちの場合があります。

PRP(多血小板血漿)とは

PRPとはPlatelet Rich Plasmaの略称で多血小板血漿(たけっしょうばんけっしょう)のことです。これはその名の通り血小板を多く含む血漿のことで自分の血液を採取し、分離することで精製します。この血小板や血漿には身体の組織の修復を促進する様々な成長因子や炎症を抑える成分などが多く含まれています。

このPRPを患部に注入することで自身の治癒力や再生力を高め、傷跡や痛めた関節などの治療をしたり、肌のハリと潤いを回復させたりすることが可能です。

水光注射でPRPを注入したときの効果は?

水光注射はベースとなるヒアルロン酸のみの注射でも、肌のハリやツヤを回復し、乾燥した肌に潤いを与えることが可能です。それによって毛穴の開きやキメの低下、くすみの改善を期待できます

これにPRPを組み合わせることで、組織治癒やコラーゲンの生成がより促進され、肌が持ち上がることによるシワやニキビ跡の改善、肌質の改善効果が見込めます。

水光注射でPRPを注入するときの注意点

①PRPを注入する場合、しこりのリスクがある

PRPに含まれる成長因子には、コラーゲンの生成や表皮を成長させる効果があります。しかし、その効果が強く出てしまい、成長しすぎると注入部にしこりが発生する可能性があります。

また、PRPの効果を高めるために成長因子を追加して注入する場合はこのリスクが高まるため注意が必要です。

②PRPの注入はオプション扱いの可能性がある

水光注射を行う場合、様々な美容成分を配合することが可能ですが、クリニックによってはオプション扱いとして別料金になる可能性があります。

またHP上の料金はヒアルロン酸のみを注入する基本的な水光注射のものであったり、そもそもPRPを扱っていなかったりするケースも考えられます。

水光注射でPRPの注入を希望する場合はカウンセリングなどで事前に伝え、見積もりをだしてもらうようにしましょう。

水光注射でPRPを注入するときに失敗しないためのポイント

水光注射によるPRPの注入は美肌効果をより高め、肌のシワやたるみの改善を期待できる施術ですが、その分、配合の度合いや専用の機器の取り扱いなどで仕上がりに差が生まれることになります。

そのため水光注射によるPRPの注入でしこりなどの失敗のリスクを抑えながら効果を実感するためには、費用だけではなく経験豊富で技術力の高いクリニックを選ぶことが重要です。クリニックの施術の実績や実際に施術を受けた人の声、所属する医師の勤続年数などを総合的に比較しながら選ぶようにしましょう。

また、事前のカウンセリングをしっかりと行うことも大切です。とくにPRPの注入が目的の場合は、それが使用できるかも含めてしっかりと相談してください。

水光注射を検討中の方はまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して医師を始めとするスタッフ全員が親身になってカウンセリングを行います。それは「患者様一人ひとりに適した治療」そして「患者様にとって満足度の高い治療」を行うためにもっとも大切な要素の一つと考えております。

美容についてお悩みがありましたら、まずは銀座美容外科クリニックにご相談ください。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*