水光注射は痛みは少ない?麻酔の使用や痛みを抑えるための注意点を解説

様々な肌トラブルに対応し美肌効果を期待できる水光注射ですが、注射の痛みが気になって受けるのを躊躇している人もいるのではないでしょうか。

ここでは水光注射の痛みに焦点を当てて、その度合いや痛みが続く期間、痛みを抑えるためのポイントなど詳しく紹介していきます。

水光注射とは

水光注射は専用の注射器を用いてヒアルロン酸を少量ずつ均一に肌へ浸透させる施術です。それによって肌のハリや弾力の回復などの効果を期待できます。

また、症状に合わせた成分をヒアルロン酸に配合することで様々な肌トラブルに対応することができます。

水光注射の痛みはどれくらい?

施術中の痛み

水光注射は極細の針を用いて、肌を吸引、密着した状態で針を刺すため通常の注射よりは痛みが軽減されますが、施術時にはチクチクとした痛みが生じます。

そのため、施術前に表面麻酔を施すのが一般的で、その場合はほとんど痛みはありません。ただし、麻酔をしても軽く引っかかるような感覚が残るケースもあります。

施術後の痛み

水光注射の痛みは主に施術中のものですが、施術後に火照ったような痛みが数日残ることがあります。

もしそうした痛みや熱感が長く続く場合はアレルギーなど他の原因も考えられるためクリニックに相談しましょう。

水光注射の痛みが続く期間はどのくらい?

水光注射の痛みが続く期間は施術後数日程度です。また腫れや内出血などの症状にともなう痛みが出る場合もありますが、基本的には3日~1週間程度で落ち着いていくようです。

目安の期間を大きく越えても痛みが続く場合は注射の跡に細菌が入ったり、アレルギーを起こしていたりする可能性があるため注意が必要です。不安や違和感がある場合はクリニックで相談してください。

水光注射の痛みを抑えるためのポイント

ダウンタイムは安静にする

水光注射の痛みを抑えるためには、施術後の過ごし方が重要です。特に腫れや内出血が残っている間は激しい運動や長時間の入浴、飲酒などの血行を促進するような行為は控えて、患部を不用意に刺激するのは避けましょう。

経験・技術力のある医師を選ぶ

痛みに弱い方や不安のある方は経験豊富で技術力の高いクリニックを選ぶようにしましょう。

施術の実績が多いクリニックならば、施術時の痛みを和らげるためのノウハウや痛みが出たときの対処法などが蓄積されており、また水光注射を行うための機器の扱いに慣れているため、注入時の痛みを緩和できます。

クリニックを選ぶ際は施術の実績や実際に施術を受けた人の声、所属する医師の勤続年数などを指標にして、比較するようにしてください。

また痛みが不安な方は事前のカウンセリングで伝え、どうような対処をしてくれるのか確認しておくことも重要です。

痛み以外にも内出血、アレルギーなどの副作用が出る可能性がある

水光注射では、痛みの症状以外にも、内出血やアレルギーといった副作用が現れる可能性があります。

内出血は、注射の針が皮膚下の細かな血管を傷つけてしまったことが原因で引きおこされます、その場合は7~10日ほど皮膚に変色が残るため注意が必要です。

また稀なケースではありますが、注入した薬剤にアレルギーを起こしてしまうことも考えられます。痛みや赤み、熱感などが続く場合はクリニックの診察を受けましょう

水光注射を検討中の方はまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して医師を始めとするスタッフ全員が親身になってカウンセリングを行います。それは「患者様一人ひとりに適した治療」そして「患者様にとって満足度の高い治療」を行うためにもっとも大切な要素の一つと考えております。

美容についてお悩みがありましたら、まずは銀座美容外科クリニックにご相談ください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*