水光注射を受ける頻度は?効果の持続期間・施術を受ける間隔を解説!

水光注射は肌の弾力感をアップさせ、若々しい肌を手に入れることができるとされている効果的な施術です。

しかし、1度の施術で半永久的な効果が得られるのはでなく、定期的に治療を受けることが推奨されている施術です。そのため、どれくらいの間隔でどれくら施術を受けるべきなのか気になる方も多いでしょう。

そこで今回は、水光注射の効果的な施術頻度について詳しくご紹介していきます。

水光注射とは

水光注射とは、ヒアルロン酸やビタミン類などの成分を、専用の注射マシンを使用して肌に注入する施術です。5〜9本ほどの極細の針が先端についたマシンを使ってスタンプのように打っていくことで、一気に美容成分を浸透させていきます。

肌の弾力や保水力をアップさせ、小じわ・くすみを改善する効果があります。

水光注射の効果持続のためには定期的な施術が必要

水光注射による効果はあまり長くは持続せず、1〜3ヶ月ほどと言われています。この施術で使用される美容成分は、肌への吸収率が高い成分が多いためです。

例えば特に水光注射で使用されることの多いヒアルロン酸の場合、一般的なシワ取り治療などで用いられる”架橋型”の製剤ではなく、”非架橋型”と言われる粘度のない液状の製剤が使用されます。

この非架橋型のヒアルロン酸は高い保水力を持ちますが、その分吸収されるスピードは早いという特徴があります。

水光注射の適切な施術の頻度

初めのうちは1ヶ月に1度を目安に

施術を始めたばかりの頃は特に吸収速度が早いため、初めのうちは1ヶ月に1度の頻度で施術を受けることが推奨されています。

まずはこの頻度で、一般的に1クールと言われる3〜5回ほど施術を繰り返してみましょう。

6回目頃からは徐々に間隔を広げていける

ある程度効果を実感できるようになったら、徐々に施術間隔を広げても効果を実感することができるようになっていきます。

効果の様子を見ながら、数ヶ月に1回ほどを目安に施術を受け続けると良いでしょう。

水光注射の頻度について知っておきたいポイント

①1回の施術では効果を実感しにくい

水光注射は施術の特徴上、1回の施術で高い効果を得られる訳ではありません。むしろ1回目では、十分な効果を実感できないことも多いようです。

水光注射は適切な頻度で、定期的に注入を繰り返すことが効果を得る上で大切です。まずは、月に1度という間隔を目安に、3〜5回ほどは施術を受け続けてみましょう。

②水光注射の注入を中断した場合、肌の状態は戻ってしまう

5回ほど施術を受ける前に施術を中断してしまうと、徐々に治療前の状態に戻ってしまいます。そのため、まずは1クール分は施術を受け続けることが大切です。

③継続することで、美肌効果の維持が可能

1クール分の施術を受け終わった後も、2〜3ヶ月に1度の頻度を目安に治療を定期的に受け続けていくと、その美肌効果を維持することができると言われています。

1クール受けてそれっきり注入を終了してしまっては、せっかく得られた効果は徐々に失われていきます。できるだけ長期に渡って効果を実感し続けるためにも、自分の肌に合った頻度を見つけて治療を継続していくと良いでしょう。

ヒアルロン酸注入でお悩みの方はまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して医師を始めとするスタッフ全員が親身になってカウンセリングを行います。それは「患者様一人ひとりに適した治療」そして「患者様にとって満足度の高い治療」を行うためにもっとも大切な要素の一つと考えております。

美容についてお悩みがありましたら、まずは銀座美容外科クリニックにご相談ください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*