水光注射のダウンタイム・経過|仕事・学校の復帰までの期間や過ごし方は?

水光注射は専用の機器を用いてヒアルロン酸を広く細かに注入することで美肌効果を期待できる施術です。また、様々な美容成分を配合することで様々な症状に対応することもできます。

そんな水光注射ですがダウンタイムの症状や期間が気になって受けようか迷っている人もいるのではないでしょうか。

ここでは水光注射のダウンタイムに焦点を当てて、起こる症状から仕事や学校に復帰するまでの期間、経過や過ごし方のポイントなど詳しく紹介していきます。

水光注射のダウンタイムに起こる症状

①痛み

水光注射は施術後に火照ったような痛みが数日残ることがあります。ただし、強い痛みが出たり、長引いたりすることはほとんどありません

もし痛みがいつまで経っても引かない、あるいは悪化するようであればアレルギーや傷口の化膿など別の要因が考えられるためクリニックに相談しましょう。

②赤み・腫れ・内出血が出る

注射する成分や体質によっても個人差はありますが、施術後に赤みや腫れなどの症状が現れます。基本的にはそれらの症状は1~3日程度で治癒するケースが多いです。

また注射の針が皮膚下の細かい血管に傷を付けてしまうと内出血を引き起こすことがあります。その場合は7~10日程度皮膚の変色が残る可能性があるため注意してください。

③注射の跡が残る

注射の跡から点状に出血したり、注射をするときに肌を吸引するタイプの水光注射では吸引の跡が残ったりすることがあります。

いずれも施術後数時間程度で消える場合がほとんどなので過度の心配は不要です。

仕事・学校の復帰までの期間は3~7日程度

個人差はあるものの水光注射のダウンタイムは3~7日程度と言われています。そのためそれ以降であれば仕事や学校への復帰もしやすいと思われます。

また症状が残っているうちはできるだけ安静に過ごすべきですが、メイクや洗顔は施術当日から可能となっているため、早い段階から赤みや内出血を隠しつつ活動することは可能です。

水光注射の施術後の経過

水光注射の施術後の経過には個人差がありますが、施術直後から数日間は軽度の赤みやほてりのような痛みが残ります。このとき内出血を起こしていた場合はそれらが収まるまで7~10日程度かかります。

治療の翌日以降から皮膚の保湿効果が高まり徐々に施術の効果を感じられるようです。ただし、効果を持続させるためにも、初めのうちは2,3週間毎に1回のペースで4~5回の施術を繰り返し、それ以降は数ヶ月に1回の施術を受け続けることが推奨されています。

水光注射によるダウンタイムの過ごし方におけるポイント

①メイクは注入直後から、洗顔・シャワーは当日から可能

水光注射の施術後、メイク注入直後洗顔やシャワー当日から可能です。ただし、肌に触れる際は優しく扱うことをこころがけてください。

また、入浴翌日から可能ですが、あまり温まりすぎないように半身浴や短時間で済ませるようにしましょう。

②施術直後は肌に過度の刺激を与えないようにする

施術直後の肌は大変デリケートです。擦ったり、ひっかいたり、過度の刺激を与えるような行為は避けてください。

また、マッサージエステなどは皮膚を圧迫する恐れがあるため、少なくとも1週間程度は避け、医師の指示に従うようにしましょう。

ダウンタイムが長引いてしまった場合の対処法

①腫れが長引く場合は抗ヒスタミン剤を処方してもらう

注射後に腫れが見られる場合には、抗ヒスタミン剤を処方してもらうことで改善される場合があります。その際はスキンケアや肌を冷やすアイシングを同時に行うことでさらに効果が高まるでしょう。

また、初回の施術で腫れが強く出た人は2回目以降の施術では事前に抗ヒスタミン剤を服用しておくことで腫れなどの反応を抑えることが可能です。

②目安の期間を超えてダウンタイムが続くときはクリニックで診断してもらう

目安の期間を大きく越えても症状が改善されない場合、アレルギーや皮膚の感染など何らかのトラブルを起こしている可能性があります。

もし症状が長期化したり、違和感が出たりした場合はクリニックで診断を受けるようにしましょう

水光注射によるダウンタイムを短くする方法

①施術当日の飲酒・熱い風呂・サウナは避ける

ダウンタイムを長引かせないためにも施術当日の飲酒、熱い風呂、サウナなど血行を促進するような行為は避けましょう。腫れや内出血などの症状が強く出て、治癒するまでに時間がかかる可能性があります。

②施術後3日間は激しい運動を控える

激しい運動も血行を促進させます。また施術後すぐは身体に負担がかかっている状態です。できるだけ安静に過ごすという意味でも激しい運動や緊急性のない外出などは控えた方が良いでしょう。

③日焼けは最低でも2週間程度は避ける

日焼けや寒さは肌への強い刺激となってしまいます。施術後のデリケートな皮膚を保護するために2週間程度は日焼けは避けてください。

その期間内に外出する場合は紫外線対策や防寒をしっかり行うようにしましょう。

水光注射を検討中の方はまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して医師を始めとするスタッフ全員が親身になってカウンセリングを行います。それは「患者様一人ひとりに適した治療」そして「患者様にとって満足度の高い治療」を行うためにもっとも大切な要素の一つと考えております。

美容についてお悩みがありましたら、まずは銀座美容外科クリニックにご相談ください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*