2019年 1月 の投稿一覧

ケミカルピーリングで火傷が起こる原因|起こった場合の対処法も解説

ケミカルピーリングは、肌のターンオーバーを促進してニキビやニキビ跡、過去の日差しなどが影響して出来てしまったシミを改善に導いてくれる施術です。しかし、このケミカルピーリングで火傷のような症状が起こる可能性があると言われています。

そこで今回は、ケミカルピーリングで火傷のような症状が起こる原因や、起こってしまった場合の対処法など詳しく紹介します。

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングは、グリコール酸や乳酸などの成分を使用し肌を柔らかくし、肌の古い角質や毛穴を取り除くことで、ニキビや毛穴詰まりを改善に導いてくれる施術です。肌をリセットするだけでなくターンオーバーを促進し、ニキビや肌荒れを予防する効果もあります。

約2週間に5~6回を目安に施術を行うと効果が期待できると言われています。

ケミカルピーリングで火傷のような症状が出る原因

ケミカルピーリングは、一般的には副作用やダウンタイムが起こりにくい施術と言われています。しかし、まれに火傷のようなヒリヒリとした痛み赤みが発生してしまうケースが存在します。

基本的にそのような症状は施術後の数時間長くても1日で消失すると考えられますが、数日経っても消失しない場合は、ケミカルピーリングによって肌が慢性的な乾燥状態を引き起こしてしまっているケースが考えられます。

また、薬剤の種類成分濃度塗布時間が肌に合っていなかった場合も考えられます。

ケミカルピーリングで火傷のような症状が起こった場合の対処法

保湿する

ケミカルピーリング後に火傷のような症状を引き起こしてしまった場合は、肌が非常に乾燥しやすくなってしまいます。そのため、いつも以上に保湿を心掛けましょう。

特に、化粧水や美容液でビタミンCなどの成分を肌に浸透させ、その後、乳液やクリームで水分の蒸発を防ぐようにすることで、火傷のような症状を緩和させることが可能です。

日焼けをしないようにする

ピーリング後に火傷のような症状が現れてしまうことで、肌の状態は不安定になり紫外線を吸収しやすい状態になっています。こうした紫外線の吸収はシミ皮膚が老化する原因となります。

そのため、外出する際は日焼け止めを入念に塗る他にも日傘や帽子で肌を守りましょう。

クリニックに相談する

自身で保湿などのケアをしても赤みやヒリヒリとした火傷のような感覚が長引く場合は、「成分が肌に合わなかった」「塗布時間が長かった」などが原因と考えられます。

そのまま放置してしまうと、回復しないだけでなく、より肌の状態が悪化してしまうこともあります。よって、中々改善が見られない場合は、早急にクリニックの医師に相談することが大切です。

ケミカルピーリングを検討中の方はまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して医師を始めとするスタッフ全員が親身になってカウンセリングを行います。 それは「患者様一人ひとりに適した治療」そして「患者様にとって満足度の高い治療」を行うためにもっとも大切な要素の一つと考えております。

美容についてお悩みがありましたら、まずは銀座美容外科クリニックにご相談ください。

水光注射の施術後に腫れは起きる?副作用や対処法など徹底解説

水光注射は、肌の透明感や、きめ細かさを手に入れることができる施術です。肌へのコンプレックスを感じる方にとって手軽に治療を受けることが出来て、悩みを改善に導くことも可能なため、多くの支持を集めています。

そこで今回は、そんな水光注射において施術後に腫れが起きるのか、また起きてしまった場合の対処法などを詳しく紹介します。

水光注射とは

効果について

水光注射は、専用機器でヒアルロン酸などの美肌保湿成分を肌に浸透させ、肌の水分を補い潤いを与えることができる施術です。バリア機能が上昇し肌のハリや潤いを取り戻すだけではなく、毛穴の引き締めやニキビ跡の改善もできると言われています。

おでこや眉間のシワの他にも、年齢とともに目立つようになる、手の甲や首元のシワにも効果が見られるでしょう。

効果の出る期間・持続期間について

水光注射後、数時間、遅くても3~4日で効果が現れ、持続期間は2~6ヵ月程度となるでしょう。効果を持続させるためには、2~3週間に1回の治療を3~5回の繰り返し受けることが良いとされています。

回数を重ねるごとに肌にハリ・ツヤが出て肌質の変化が見られるでしょう。

水光注射後、腫れは起こる?

複数の針が付いている機械で美容成分を注入するので、注射をした部分が腫れてしまうケースがあります。

大きなこぶのような腫れではなく、小さなこぶのような「機械性蕁麻疹」と呼ばれるぶつぶつとした腫れが起きる可能性があります。

主に、施術直後に薬剤を注入した部分がこのような現象を起こすケースがありますが、基本的には数時間で肌に馴染むと言われています。

水光注射で起こりうる副作用

内出血や注射の痕が残る

針が数ヵ所ついた水光注射の専用機械を使用するので、針を刺した部分が赤い点状に痕が残ったり内出血が起こったりする可能性が考えられます。また針が肌の内部の血管に触れてしまうことでごくわずかな出血を伴うケースもあります。

アレルギー症状が起こる

非常にまれではありますが、注射後に薬剤アレルギーが発症することもあります。患部が異常に赤くなったり、痒みが起こっていたりする場合は、薬剤によるアレルギー症状が疑われます。

水光注射後、腫れや副作用が起きてしまった場合の対処法

腫れや内出血は、皮膚の内部で炎症を起こしている状態です。このような症状は、基本的にはそのまま生活していても一定期間が経過することで症状は軽減します。

しかし、上記で説明した「機械的蕁麻疹」による腫れが起こった場合、抗ヒスタミン剤が処方され服用することで改善するとされています。また、化粧水や乳液などスキンケアを行う際は、同時に腫れが起こっている部分を冷やすようにしましょう。こうすることで早めに症状が消失するといわれています。

万が一、このような対処をしても腫れが治まらない、段々悪化しているという場合は、早急にクリニックの医師に相談しましょう。

水光注射で腫れを起こさないためにまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して医師を始めとするスタッフ全員が親身になってカウンセリングを行います。それは「患者様一人ひとりに適した治療」そして「患者様にとって満足度の高い治療」を行うためにもっとも大切な要素の一つと考えております。

美容についてお悩みがありましたら、まずは銀座美容外科クリニックにご相談ください。

水光注射でPRPを注入したときの効果は?費用やリスクに関する注意点を紹介

水光注射は潤いのある美肌になるための施術です。また自分の目的に合わせて注入する成分をカスタマイズできる点も大きな魅力だと言われています。

その中でもシワや傷跡の改善に効果を期待できる成分がPRPです。しかし、PRPがどういったものでどのように作用するのかよくわからない人もいるのではないでしょうか

ここでは水光注射のPRP注入について、PRPとは何か、その効果、注入時の注意点について詳しく紹介していきます。

水光注射とは

水光注射は非架橋型と呼ばれる粘度の低いヒアルロン酸を肌に広く浅く注入する施術です。

それによって肌のハリやツヤを回復するだけではなく、様々な美容成分を配合することで幅広い肌の悩みに対応できます。

施術には専用の機器を用いる場合と医師が直接注入する手打ちの場合があります。

PRP(多血小板血漿)とは

PRPとはPlatelet Rich Plasmaの略称で多血小板血漿(たけっしょうばんけっしょう)のことです。これはその名の通り血小板を多く含む血漿のことで自分の血液を採取し、分離することで精製します。この血小板や血漿には身体の組織の修復を促進する様々な成長因子や炎症を抑える成分などが多く含まれています。

このPRPを患部に注入することで自身の治癒力や再生力を高め、傷跡や痛めた関節などの治療をしたり、肌のハリと潤いを回復させたりすることが可能です。

水光注射でPRPを注入したときの効果は?

水光注射はベースとなるヒアルロン酸のみの注射でも、肌のハリやツヤを回復し、乾燥した肌に潤いを与えることが可能です。それによって毛穴の開きやキメの低下、くすみの改善を期待できます

これにPRPを組み合わせることで、組織治癒やコラーゲンの生成がより促進され、肌が持ち上がることによるシワやニキビ跡の改善、肌質の改善効果が見込めます。

水光注射でPRPを注入するときの注意点

①PRPを注入する場合、しこりのリスクがある

PRPに含まれる成長因子には、コラーゲンの生成や表皮を成長させる効果があります。しかし、その効果が強く出てしまい、成長しすぎると注入部にしこりが発生する可能性があります。

また、PRPの効果を高めるために成長因子を追加して注入する場合はこのリスクが高まるため注意が必要です。

②PRPの注入はオプション扱いの可能性がある

水光注射を行う場合、様々な美容成分を配合することが可能ですが、クリニックによってはオプション扱いとして別料金になる可能性があります。

またHP上の料金はヒアルロン酸のみを注入する基本的な水光注射のものであったり、そもそもPRPを扱っていなかったりするケースも考えられます。

水光注射でPRPの注入を希望する場合はカウンセリングなどで事前に伝え、見積もりをだしてもらうようにしましょう。

水光注射でPRPを注入するときに失敗しないためのポイント

水光注射によるPRPの注入は美肌効果をより高め、肌のシワやたるみの改善を期待できる施術ですが、その分、配合の度合いや専用の機器の取り扱いなどで仕上がりに差が生まれることになります。

そのため水光注射によるPRPの注入でしこりなどの失敗のリスクを抑えながら効果を実感するためには、費用だけではなく経験豊富で技術力の高いクリニックを選ぶことが重要です。クリニックの施術の実績や実際に施術を受けた人の声、所属する医師の勤続年数などを総合的に比較しながら選ぶようにしましょう。

また、事前のカウンセリングをしっかりと行うことも大切です。とくにPRPの注入が目的の場合は、それが使用できるかも含めてしっかりと相談してください。

水光注射を検討中の方はまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して医師を始めとするスタッフ全員が親身になってカウンセリングを行います。それは「患者様一人ひとりに適した治療」そして「患者様にとって満足度の高い治療」を行うためにもっとも大切な要素の一つと考えております。

美容についてお悩みがありましたら、まずは銀座美容外科クリニックにご相談ください。

 

敏感肌でもケミカルピーリングは受けられる?受ける際の注意点も紹介!

肌質の改善に役立つ施術であるケミカルピーリングですが、敏感肌の人でも問題なく施術は受けられるのでしょうか。

肌への刺激が気になって施術に踏み切れないという人も多いと思います。

ここではケミカルピーリングが敏感肌でも受けられるのか、受ける際の注意点などもあわせて紹介していきます。

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングはピーリング剤と呼ばれる薬剤を使って肌の古い角質や毛穴に詰まった老廃物を除去する施術です。

古い角質が皮膚に残っているとニキビや肌荒れなど様々な肌トラブルの原因となるため、それを取り除くことで肌質の改善や新たに症状が現れることを予防できます。

また肌細胞の入れ替わりの周期、ターンオーバーを促進することで健康な肌を維持しやすくなる効果も期待できます。

敏感肌に明確な定義はない

敏感肌という言葉は実は正確な皮膚科学の用語ではなく、明確な定義は存在しません

一般的には、様々な外部からの刺激に対し肌が敏感に反応してしまう状態を指して呼ばれることが多いようです。

例えば通常ならば問題なく使用できる化粧品や洗顔料でもかゆみや赤みなどの症状が現れるデリケートな状態をさしていると考えられます。

敏感肌でもケミカルピーリングは受けられる?

敏感肌の人でもケミカルピーリングを受けることは可能です。ただし、敏感肌は皮膚のバリア機能が弱まっている状態を指しているのであれば、この施術を受けることで角質が除去されることで、さらにその機能は弱まってしまいます。

そのため肌の状態に合わせてピーリング剤の濃度や種類を選択する必要があり、しっかりと敏感肌に理解のあるクリニックで施術をすることが重要になります。

また肌の状態によっては施術を断られる可能性があるため注意してください。

敏感肌の人がセルフケアで施術をするのはリスクが高い

ピーリング剤を用いて自宅で施術をする人もいますが、敏感肌の人はやめておいた方が安全です

上でも述べたようにケミカルピーリングを行うときは肌の状態に合わせた濃度を設定する必要があり、それには知識と技術が必要になります。

もし十分な知識がない状態で施術を行うと肌質を改善するどころか逆に肌荒れを引き起こすリスクが高まるため、専門のクリニックで施術を受けるようにしましょう。

敏感肌の人がケミカルピーリング受けるときの注意点

①事前のカウンセリングで肌が弱いことを伝える

敏感肌でケミカルピーリングを受ける際に重要なのが、自分の肌が弱いということを医師にきちんと伝えるということです。

事前のカウンセリングでしっかりと共有することで、適切な濃度で施術を受けたり、もしも悪影響があるようなら施術を取りやめたりすることもできます。

②施術後は肌を刺激しないように十分注意する

施術後の肌は角質が除去されて皮膚のバリア機能が弱まっています。敏感肌の人はもともと肌の防衛機能が弱い傾向があるため、施術後はとくに紫外線寒さなどの刺激に気を付け、しっかりと肌を保湿するようにしてください。

また、洗顔やメイクの際は擦ったり引っかいたりしないように優しく扱うことも同時に心がけましょう。

③施術毎の間隔をしっかりとあける

ケミカルピーリングは6~10回の施術を受けることで肌質改善の効果を徐々に高めていきます。複数回の施術を行う場合は施術毎の間隔を医師の指示に合わせてしっかりとあけるようにしてください。

十分な間隔を取れないと、肌のダメージが蓄積され逆効果となることも考えられるため注意が必要です。

ケミカルピーリングを検討中の方はまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して医師を始めとするスタッフ全員が親身になってカウンセリングを行います。それは「患者様一人ひとりに適した治療」そして「患者様にとって満足度の高い治療」を行うためにもっとも大切な要素の一つと考えております。

美容についてお悩みがありましたら、まずは銀座美容外科クリニックにご相談ください。

水光注射で内出血は起こる?起こってしまう原因や対処法も解説

水光注射とは、専用機器と美容成分を使用して肌にハリや潤いを与える施術です。そんな水光注射ですが、施術後に起こる内出血について心配の声が寄せられることがあります。

そこで今回は、水光注射後の内出血や副作用について詳しく紹介します。

水光注射とは?

水光注射は、ヒアルロン酸にビタミン、美肌性因子など多くを配合した成分を、専用の機器で細かく肌に注入しハリや潤いを持たせ、気になる肌トラブルを改善させる施術です。

シワ取りなどで使用されるヒアルロン酸とは異なり、非架橋型(粘り気がない)のヒアルロン酸を使用します。ヒアルロン酸を含む美容成分は、吸収力に優れているので遅くても3~4日で効果を実感することができると言われています。

水光注射で内出血が起こる原因

 

水光注射は針が5本若しくは9本の複数の針を同時に刺して美容成分を注入できる専用機器を使用します。そのため、施術の際に肌の内部にある細かな血管に針が触れて、血管を傷つけることで内出血を起こす場合があります。

しかし、内出血が起こっても基本的には数日~数週間で消失すると考えられます。さらにほとんどがメイクやマスクでカバーできる程度でしょう。

内出血以外に起こりうる副作用

腫れる場合がある

施術後に腫れが起こる場合があります。複数の針が付いている専用機械を使用するので注射をした部分が腫れてしまうケースがあります。これは、「機械性蕁麻疹」と呼ばれ、ぶつぶつとした腫れが起こると考えられます。この現象は、施術直後に起こりますが基本的には数時間で肌に馴染んで消失していきます。

注入部分が凸凹になる可能性がある

皮膚の薄い目の周りなどを治療する場合に起こるケースがほとんどですが、薬剤が肌に対して均等に注入されていない場合に注入部分が凸凹してしまうと言われています。しかし、これも時間の経過とともに改善されていきます。

薬剤アレルギーが起こるケースが考えられる

施術後に薬剤アレルギーを発症する可能性がまれにあります。患部が異常に赤くなっていたり、痒みが起こっていたりする場合は、薬剤によるアレルギー症状が疑われます。このような症状が起こった場合、抗アレルギーの内服や点滴をすることで回復を図ります。

ヒアルロン酸や過去にアレルギーが出た成分がある方は、事前のカウンセリングで医師にきちんと確認することが大切です。

水光注射で内出血を長引かせないためのポイント

血流の活発化を避けるようにする

内出血を起こしている場合は、無理な運動、飲酒、マッサージ、熱いお風呂(サウナを含む)を1週間程度は避けるようにしましょう。このような行為は全て、血流を活発化させ血行を促進してしまいます。それにより、内出血で炎症を起こしてしまっている部分が治らない又は悪化してしまう可能性が考えられます。

カウンセリングをしっかりと行う

クリニックによっては、内出血を予防・改善させるクリームがあったり、表面麻酔において内出血を予防できたりと、内出血を起こさないための対策が行われています。

こうした内容は、ホームページには記載がないケースも多いため、事前のカウンセリングにてしっかりと確認することが大切です。

水光注射を検討中の方はまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して医師を始めとするスタッフ全員が親身になってカウンセリングを行います。それは「患者様一人ひとりに適した治療」そして「患者様にとって満足度の高い治療」を行うためにもっとも大切な要素の一つと考えております。

美容についてお悩みがありましたら、まずは銀座美容外科クリニックにご相談ください。

ケミカルピーリングの薬剤にはどんな種類がある?主な薬剤の特徴や注意点を紹介!

ケミカルピーリングは薬剤をつかって肌質を改善する効果を期待出来る施術です。

しかし、施術自体は知っていても用いられる薬剤にはどんな種類があり、どんな特徴があるのか知らない方も多いのではないでしょうか。

ここではケミカルピーリングで使われる薬剤の具体例と特徴、選ぶ際の注意点などを紹介していきます。

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングは薬剤を肌に塗ることで皮膚の表面にある古い角質や毛穴のつまりなどの老廃物を取り除くための施術です。

古い角質はニキビや肌荒れなどの様々な肌トラブルを引き起こす原因となりうるため、それを除去することで肌の状態を正常に保ったり、新たなトラブルを予防したりする効果が期待できます。

また皮膚の入れ替わりの周期であるターンオーバーを促進することで健康な肌が再生していくのもケミカルピーリングの特徴です。

ケミカルピーリングで使われる薬剤の種類

グリコール酸

グリコール酸はフルーツ酸とも呼ばれる薬剤です。もともと皮膚内にも少量含まれておりターンオーバーの際に利用されています。

分子が小さく肌に浸透しやすいという特徴があり、古い角質を除去し表皮細胞の入れ替わりを活性化させます。それによってコラーゲンエラスチンの生成が促進されるため肌のハリや潤いの回復も可能です。

またアクネ菌や毛穴の詰まりを溶かし、ニキビの炎症を軽減できるためニキビの治療にも用いられています。

乳酸

乳酸は天然の素材でグリコール酸よりも分子が大きいため、その分除去する力は弱まりますが肌への刺激が少なく角質の除去が可能なことが特徴です。また保湿・美白にも効果を期待できます。

サリチル酸マクロゴール

この薬剤はサリチル酸マクロゴールという薬品に溶かしたものです。それによって薬剤が皮膚の深部に浸透しすぎたり、血液中に吸収されたりするのを抑えます。

また主に角質層と呼ばれる皮膚の表面のみに働くため施術中の刺激や施術後の症状がマイルドで肌質が弱い人にも適していると言われています。

コラーゲンの生成作用から皮膚にハリや潤いが生まれ、シワやたるみなどの改善に効果的です。

サリチル酸エタノール

サリチル酸マクロゴールと同じようにサリチル酸エタノールで溶かした薬剤です。非常に角質を除去する力が強く、皮膚への負担が大きくなりますが、少ない施術で効果を期待できるのが特徴です。

他の施術では効果が薄かったニキビの治療などに用いられます。

ただし、施術後はかさぶたや皮膚の剥離が1週間程度続くため、十分なダウンタイムを取る必要があります。

ケミカルピーリングの薬剤を選ぶ際の注意点

①自分の目的に合った薬剤を選択する

薬剤を選ぶ際は自分の目的に合ったものを使うことが重要です。肌質の改善なのか、ニキビの治療なのか、美白やシミの改善なのか、きちんと把握しておきましょう。

また薬剤は目的や個人の肌の状態によって複数のものを組み合わせたり、濃度を変えたりします。そのためケミカルピーリングの効果をしっかりと実感するためには確かな知識技術力を持ったクリニックを選択することも大切になってきます。

②事前のカウンセリングで肌の状態を確認する

上述のように肌の状態によっても薬剤の種類や濃度、組み合わせなどは変わってきます。

ケミカルピーリングを受けたことで逆に肌荒れが酷くなってしまったなどの失敗を防ぐためにも、事前のカウンセリングできちんと自分の肌の状態を医師に確認してもらいましょう。

ケミカルピーリングを検討中の方はまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して医師を始めとするスタッフ全員が親身になってカウンセリングを行います。それは「患者様一人ひとりに適した治療」そして「患者様にとって満足度の高い治療」を行うためにもっとも大切な要素の一つと考えております。

美容についてお悩みがありましたら、まずは銀座美容外科クリニックにご相談ください。

水光注射を受ける頻度は?効果の持続期間・施術を受ける間隔を解説!

水光注射は肌の弾力感をアップさせ、若々しい肌を手に入れることができるとされている効果的な施術です。

しかし、1度の施術で半永久的な効果が得られるのはでなく、定期的に治療を受けることが推奨されている施術です。そのため、どれくらいの間隔でどれくら施術を受けるべきなのか気になる方も多いでしょう。

そこで今回は、水光注射の効果的な施術頻度について詳しくご紹介していきます。

水光注射とは

水光注射とは、ヒアルロン酸やビタミン類などの成分を、専用の注射マシンを使用して肌に注入する施術です。5〜9本ほどの極細の針が先端についたマシンを使ってスタンプのように打っていくことで、一気に美容成分を浸透させていきます。

肌の弾力や保水力をアップさせ、小じわ・くすみを改善する効果があります。

水光注射の効果持続のためには定期的な施術が必要

水光注射による効果はあまり長くは持続せず、1〜3ヶ月ほどと言われています。この施術で使用される美容成分は、肌への吸収率が高い成分が多いためです。

例えば特に水光注射で使用されることの多いヒアルロン酸の場合、一般的なシワ取り治療などで用いられる”架橋型”の製剤ではなく、”非架橋型”と言われる粘度のない液状の製剤が使用されます。

この非架橋型のヒアルロン酸は高い保水力を持ちますが、その分吸収されるスピードは早いという特徴があります。

水光注射の適切な施術の頻度

初めのうちは1ヶ月に1度を目安に

施術を始めたばかりの頃は特に吸収速度が早いため、初めのうちは1ヶ月に1度の頻度で施術を受けることが推奨されています。

まずはこの頻度で、一般的に1クールと言われる3〜5回ほど施術を繰り返してみましょう。

6回目頃からは徐々に間隔を広げていける

ある程度効果を実感できるようになったら、徐々に施術間隔を広げても効果を実感することができるようになっていきます。

効果の様子を見ながら、数ヶ月に1回ほどを目安に施術を受け続けると良いでしょう。

水光注射の頻度について知っておきたいポイント

①1回の施術では効果を実感しにくい

水光注射は施術の特徴上、1回の施術で高い効果を得られる訳ではありません。むしろ1回目では、十分な効果を実感できないことも多いようです。

水光注射は適切な頻度で、定期的に注入を繰り返すことが効果を得る上で大切です。まずは、月に1度という間隔を目安に、3〜5回ほどは施術を受け続けてみましょう。

②水光注射の注入を中断した場合、肌の状態は戻ってしまう

5回ほど施術を受ける前に施術を中断してしまうと、徐々に治療前の状態に戻ってしまいます。そのため、まずは1クール分は施術を受け続けることが大切です。

③継続することで、美肌効果の維持が可能

1クール分の施術を受け終わった後も、2〜3ヶ月に1度の頻度を目安に治療を定期的に受け続けていくと、その美肌効果を維持することができると言われています。

1クール受けてそれっきり注入を終了してしまっては、せっかく得られた効果は徐々に失われていきます。できるだけ長期に渡って効果を実感し続けるためにも、自分の肌に合った頻度を見つけて治療を継続していくと良いでしょう。

ヒアルロン酸注入でお悩みの方はまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して医師を始めとするスタッフ全員が親身になってカウンセリングを行います。それは「患者様一人ひとりに適した治療」そして「患者様にとって満足度の高い治療」を行うためにもっとも大切な要素の一つと考えております。

美容についてお悩みがありましたら、まずは銀座美容外科クリニックにご相談ください。

ケミカルピーリングを受けた当日の状態は?過ごし方の注意点も紹介!

ケミカルピーリングは薬剤によって肌の古い角質や老廃物を除去し、健康な肌質を目指す施術です。

ダウンタイムが短い施術だと言われていますが、施術当日はどのような症状が出るのか気になる人も多いと思います。

ここではケミカルピーリングの施術当日の状態から、当日に注意するべき点、洗顔やメイクが可能かなど詳しく紹介していきます。

ケミカルピーリングの施術当日の状態は?

ケミカルピーリングは施術後、皮膚の赤みや火照りのような症状が現れることがあります。

ただし、通常であれば数時間程度で引いていき、長く残るようなケースでも1日程度で改善されることがほとんどです。

ケミカルピーリングの施術当日にしてはいけないこと

①施術を受ける前は日焼けを避ける

施術当日は日焼けを避けるようにしてください。皮膚に炎症がでたり、腫れていたりする場合は施術を受けられなくなってしまう可能性があります。

できれば施術を受ける数日前からは日焼けしやすいようなイベントや場所は避けるようにしましょう。

②施術を受ける前は顔に刺激を与えない

施術を受ける前に顔を剃ったり、強くこすって洗顔したりしてはいけません。顔に傷ができたり、炎症が出たりすると施術を断られるリスクがあります。

施術が不可能な場合、また後日クリニックに行く必要があり、二度手間になってしまいます

ケミカルピーリングの施術当日は洗顔・メイク・入浴は可能?

ケミカルピーリングは施術当日から、洗顔やメイク、入浴が可能です。

ただし、肌に触れるときは優しく扱い、熱いお湯などがかからないように十分注意するようにしてください。

ケミカルピーリングの施術後当日に気をつけるべきこととは?

①紫外線対策をする

ケミカルピーリング後の肌は外部からの刺激に弱くなっています。このときに紫外線を受けてしまうと、強く日焼けして色素沈着を起こしたり、シミになってしまったりする可能性があります。

そのため施術を受ける際は、あらかじめ日傘や帽子を持参して帰宅時に日焼けをしないように対策しておきましょう。

②肌を刺激しない

施術直後の肌は敏感なため、強くこすったり、引っかいたりなどの強い刺激は避けましょう。

洗顔やメイクなどでやむなく触れる場合も、必要以上に力をいれないように気を付けてください。また寒さなども刺激になるため、施術当日の気温や天気もチェックしておきましょう。

③保湿する

施術直後の肌は古い角質を除去しているため防衛機能が弱まっており、乾燥しやすくなっています。

肌が乾燥すると、シミやニキビができやすかったりトラブルを起こしたりしやすいので、十分な保湿をしてください。

とくにお風呂上りなどは化粧水や乳液でのケアが必要になります。

ケミカルピーリングを検討中の方はまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して医師を始めとするスタッフ全員が親身になってカウンセリングを行います。それは「患者様一人ひとりに適した治療」そして「患者様にとって満足度の高い治療」を行うためにもっとも大切な要素の一つと考えております。

美容についてお悩みがありましたら、まずは銀座美容外科クリニックにご相談ください。

ケミカルピーリングとレーザーピーリングの違いは?費用やダウンタイムを比較して紹介

ケミカルピーリングとレーザーピーリングは両方とも美肌効果をもたらす施術です。

では、この2つの施術には使用する機器の他にどんな違いがあるのでしょうか。

ここではケミカルピーリングとレーザーピーリングの違いに焦点を当てて、施術内容ダウンタイム費用などを比較して紹介します。

ケミカルピーリングとレーザーピーリングの違いは?

①ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングは肌に残る古い角質毛穴の老廃物をピーリング剤と呼ばれる薬剤によって除去することで肌質を改善する施術です。

また肌細胞の入れ替わりをターンオーバーと呼びますが、施術を受けることでこのターンオーバーが促進され新しく健康な皮膚が現れ、シミやくすみ、傷跡の改善なども見込めます

その他にも、ニキビの治療コラーゲンやエラスチンの生成によるハリや弾力の回復など幅広い肌のトラブルに効果が期待できる施術です。

②レーザーピーリングとは

レーザーピーリングは薬剤を使わずに肌にレーザーを照射し、肌質を改善する施術です。

真皮層に熱刺激を与えることでコラーゲンやエラスチンの生成を促進し、肌の弾力やハリを回復します。用いるレーザーによってはメラニンの黒色に反応してシミやくすみの改善も可能です。

また炭の粒子を利用したカーボンローションを併用することで毛穴の汚れや角質を除去し、毛穴の引き締め効果を高める施術もあります。

※銀座美容外科のレーザーピーリング

銀座美容外科のレーザーピーリングはQスイッチYAGレーザーのスペクトラモードを用いて毛穴の汚れを除去し、真皮層に広く熱を与えてコラーゲンやエラスチンの生成を図ります。

スペクトラとは長い波長を意味し、シミ取りの意味合いが強いQスイッチYAGレーザーと区別して【スペクトラレーザー】という施術名で案内しています。

費用の違い


①ケミカルピーリングの費用

ケミカルピーリングは自由診療であり健康保険が適用されません。そのため費用は全て自己負担です。

費用相場はクリニックによっても変わりますが、1回あたり顔全体で約6,000円~15,000円、首元で約5,000円~10,000円、背中・デコルテで約15,000円~25,000円です。ただし、別途で診察代や薬代を請求されることがあるので注意しましょう。

また効果の実感には複数回の施術が必要になるケースが考えられます。その場合は施術全体でかかる費用を計算してから比較検討することが重要です。

それ以外にも、複数回の施術をコースにしたり初回料金を値下げしたりしている場合もあるため、実際の料金はカウンセリングなどで見積もるようにしてください。

②レーザーピーリングの費用

レーザー治療もケミカルピーリングと同様に自由診療にあたるため治療費は自己負担となります。

クリニックごとに差はあるものの相場は1回あたり鼻などの1部位で10,000~20,000円程度です。顔全体だと30,000~50,000円程度が一般的な価格になります。これに診察代や麻酔、薬の費用が別途必要になる可能性があるため詳しくはクリニックに確認しましょう。

レーザーピーリングも効果の実感には施術を繰り返すことが推奨されており、費用は施術のトータルで考えることが重要です。

またクリニックによってはセット料金や初回割引を設定しているケースもあります。

ダウンタイムの違い

①ケミカルピーリングのダウンタイム

ケミカルピーリングは施術後に数時間~1日程度赤みが出る場合があります。ただし、施術直後からメイクは可能で洗顔や入浴も当日から可能なため化粧でカバーして出かけることはできます。

メイクや洗顔の際は肌を刺激しないように注意してください。また外出時は紫外線対策や保湿をしっかり行い肌を保護しましょう。

痛みに関してですが、施術中はピリピリと痺れるような痛み、施術後は火照りのような痛みがでることがあります。しかし、施術後の痛みは赤みと同様に短時間で消失するケースがほとんどです。

②レーザーピーリングのダウンタイム

レーザーピーリングは施術後に赤みや稀に内出血が起こる可能性があります。個人差はあるものの赤みは数時間~1日、内出血は7~10日ほどで徐々に治癒していきます。

また、痒みや虫刺されのような膨らみが現れる場合がありますが一時的なもので時間とともに消失します。

痛みに関しては施術中にゴムで弾かれたような痛みと弱い熱感がありますが、麻酔は基本的に必要ありません。

メイクと洗顔は当日から可能ですが、入浴は翌日まで控えるようにしましょう。血行を促進するような行為は内出血が悪化するリスクがあるため注意が必要です。そして、施術後は熱の影響で肌が乾燥しやすくデリケートなため日焼けや保湿はしっかり行ってください。

施術を選ぶ際は総合的に判断する

受ける施術を選ぶ際には体質や目的、スケジュールなどを基準にして最適なものを決定しましょう。そのためには一つの視点ではなく費用や、施術の特徴、ダウンタイムの期間などを多角的に見て、総合的な判断を下す必要があります

また、どの施術を選べばいいのか自分では分からないという場合は、カウンセリングで医師に相談し意見を聞くのも良いかもしれません。

施術を検討中の方はまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して医師を始めとするスタッフ全員が親身になってカウンセリングを行います。それは「患者様一人ひとりに適した治療」そして「患者様にとって満足度の高い治療」を行うためにもっとも大切な要素の一つと考えております。

美容についてお悩みがありましたら、まずは銀座美容外科クリニックにご相談ください。

ケミカルピーリングをやりすぎるとどうなるの?対処法や適切な頻度・間隔を紹介!

ケミカルピーリングは肌質の改善に役立つ施術ですが、なにごとも過剰にやってしまうと問題を起こしてしまいます。

もしケミカルピーリングをやりすぎてしまったら、どのような弊害があるのでしょうか。

ここではケミカルピーリングをやりすぎた場合の具体的な症状から、その対処法、効果的な頻度などを紹介していきます。

ケミカルピーリングとは

肌に古い角質が残っているとニキビや毛穴の開きなどの肌トラブルを引き起こします。

ケミカルピーリンググリコール酸や乳酸、サリチル酸などの薬剤を皮膚に塗ることで、そんな古い角質や毛穴に詰まった老廃物を取り除くことで肌質を改善する施術です。

またアクネ菌を殺菌し肌質を整える効果からニキビの治療にも用いられています。

ケミカルピーリングをやりすぎたときの症状

①肌質が荒れる・乾燥肌になる

ケミカルピ―リングは肌の表面を薬剤によって削るため、水分を保持する層が薄くなり乾燥しやすくなります。通常であれば肌の細胞が入れ替わり、新たな角質ができることで肌の保湿力も上がっていきます。

しかし施術をやりすぎると細胞が入れ替わる前にどんどん角質が減ってしまい、乾燥肌が加速してしまうのです。

それによって肌が荒れたり、敏感肌になったりするので注意が必要です。

②皮膚が炎症を起こす

肌のバリア機能が低下している状態で、ケミカルピーリングを繰り返すと、肌を削りすぎてしまい皮膚が炎症を起こしてしまう可能性があります。

また炎症によって生じた赤み色素沈着を起こしたり、シミとして残ってしまったりするケースも考えられます。

そのため、施術をする際は自分の肌の状態と相談しながら行うようにしましょう。

③ビニール肌になる

ビニール肌とは皮膚が薄くなってしまったことで肌のキメが消失しビニールのようにテカテカになった肌を指します。

一見美肌に見えることもありますが、皮膚が薄いことで外部からの刺激を受けやすく、化粧水がしみたり、化粧ノリが悪かったり、傷跡が治りにくかったりなどの特徴があります。

改善するためには角質の回復を待つことが必要で、肌に刺激を与えないようにして過ごすことが重要です。

ケミカルピーリングをやりすぎた場合の対処法

①洗顔を優しくおこなう

ケミカルピーリングをやりすぎている場合、肌のバリア機能が著しく低下していて、刺激に弱くなっています。

そのため、施術後は洗顔はしないで様子を見ることが理想ですが、もしも行うのであれば、擦らずに泡とぬるま湯をつかってできる限り刺激を避けましょう。

②しっかりと保湿する

角質が剥がれすぎているような場合や、ビニール肌のような状態のときは肌が極端に乾燥しやすくなっています

乾燥肌はシミニキビに繋がるほか、様々な肌トラブルを招くため、正常な肌に戻るまでの期間も伸びてしまいます。

したがって、保湿クリームや保湿成分の配合された化粧水などで保護するようにしましょう。

万が一化粧水などもしみるような場合は、クリニックに相談してください。

③ピーリングや毛穴パック、化粧を控える

ケミカルピーリングをやりすぎた状態で、新たにピーリングを行うことで、さらに角質が剥がれ症状の悪化を招いてしまいます。

また洗顔料やスキンケア用品にはピーリング効果のあるものも存在するので注意してください。他にも、毛穴パックや過度のメイクも弱った肌には負担が大きいため、症状が落ち着くまでは控えましょう。

ケミカルピーリングを受けるときの効果的な頻度・間隔は?

ケミカルピーリングは、短い間隔で施術を繰り返すと角質の回復が間に合わず、肌のバリア機能が低下し続けてしまいます。それを避けるためにも一般的には2週間から1カ月の間隔で施術を受けることが推奨されます。

また、ある程度施術を繰り返し肌質が改善されてきた後であれば2カ月に1回程度の頻度でも効果の維持は可能とされています。

ケミカルピーリングで失敗しないためのポイント

ケミカルピーリングで失敗しないためには適切な頻度を維持しながら施術を受けることが大切です。

そしてその適切な頻度は個人の体質使用する薬剤の種類薬剤の濃度によっても異なります。そのため、しっかりとした知識や経験のあるクリニックを選ぶことも重要だと言えます。

クリニックを選ぶ際は所属する医師の勤続年数や、学会の発表、実際に施術を受けた人の声などを参考にして総合的に判断してください。

また事前のカウンセリングは念入りに行い、自分の希望や肌の状態を医師と共有できるようにしておきましょう。

ケミカルピーリングを検討中の方はまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して医師を始めとするスタッフ全員が親身になってカウンセリングを行います。それは「患者様一人ひとりに適した治療」そして「患者様にとって満足度の高い治療」を行うためにもっとも大切な要素の一つと考えております。

美容についてお悩みがありましたら、まずは銀座美容外科クリニックにご相談ください。